抜歯について|医療法人ティース 福岡天神ティース矯正歯科センター

  • 福岡天神ティース矯正歯科センター ホーム
  • 矯正治療について
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 医院紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 予約・相談
矯正治療について

抜歯について

必ず抜くの??

必ず抜くわけではありません。
ただ、現代人は顎に対して歯が大きい傾向があります。抜歯する事で見た目・機能共に最善になる場合が多々あります。当院では抜歯しない方法(インプラント 矯正やデイモン・顎拡大装置)も提示し患者様に選んでいただいております。
ただ、非抜歯では治療効果に限界がある場合もあります。
※当院では同意が無い限り抜歯は行いません。

抜いても良い歯・抜かない方が良い歯

【どの歯を抜くの?】
歯には特徴があります。
前歯:噛み切る機能。見た目の印象形成
犬歯:根が長く寿命が長い、他の歯の支えになる
小臼歯:比較的機能が少ない
臼歯:すりつぶす機能
親知らず:後ろへ牽引する支えにしたり他の歯の代わりになれるので将来役立つ場合もあります。


【小臼歯】
小臼歯は機能が限られている上、同じ形の歯が2本ずつ生えています。
1本抜いてもお口の機能に影響はありません。


【どちらを抜くの?】
基本的には移動距離を考えて前歯寄りの歯を抜きます。
しかし、どちらかが虫歯になっている場合は奥歯寄りの歯を抜く事もあります。

抜歯の回避

歯を並べるスペースができれば抜歯を回避できます。
例えば、 顎を広げる事で抜歯を回避することができる場合があります。
又顎が小さくても、インプラント矯正デイモンシステムを使い顎を広げたり歯を奥に移動することにより抜かない場合もあります。

ページトップへ