小児矯正| 医療法人ティース 福岡天神ティース矯正歯科センター

  • 福岡天神ティース矯正歯科センター ホーム
  • 矯正治療について
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 医院紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 予約・相談
矯正治療について

小児矯正

小児矯正の重要性

デイモンクリア

矯正治療において、実はお子様のうちから治療を始めることには重要な意味合いがございます。
通常、成人の方の矯正は、治療は可能ですが、顎の骨が完全に形成されているため理想の形状に至る治療は難しく、また、併発した虫歯や歯周病などもあり、治療に難航を示す傾向が強いです。
しかしながら、顎の骨が発育途中の小児期から治療を始められれば、顎の骨の成長に合わせコントロールしながら矯正することが可能なので、より理想的な治療結果が得られやすく、虫歯や歯周病にもかかりにくい歯並びを実現しやすくなります。

また、かみ合わせは心身にも強く影響を与えるため人格形成期のお子様から青年期にかけて治療ができることは、今後の人生において大きな財産になり得ます。
一生を司る治療ですので、お子様の口元に違和感を感じましたら早めにご検討されることをお勧めします。

小児矯正のメリット

お子様のうちから矯正治療を始めることには成人矯正にはないいつくかのメリットがございます。

①理想的な歯並びになりやすい

成長しきってしまった成人の顎と違い、幼少期の顎の成長に合わせてコントロールしながら治療を進めていくことが可能ですので理想的な歯並びにより近づけることが可能です。

②装置を付ける期間が短くなります

あらかじめ小児矯正時期に歯並びを改善する事により、本格的に矯正治療が必要となった時、治療期間を短くすることができます。

③虫歯や歯周病になりにくくなります

理想的な歯並び・かみ合わせになることで日常のハミガキによる磨き残しが減り、虫歯や歯周病になりにくくなります。

④見た目のコンプレックスがなくなります

出っ歯や受け口により見た目でのコンプレックスを抱いてしまい精神的に苦痛を強いられることも、矯正治療での改善により払拭することができます。

⑤抜歯のせずに治療ができる可能性が高い

狭かった顎を広げたり、顎の成長を正しい形に促すことにより、不必要な抜歯の可能性を減らすことが可能です。例えば成長後矯正治療をした場合、2~4本の永久歯抜歯が必要な場合でも、小児期から矯正治療を行うことで、非抜歯での治療が可能になる確率が高くなります。

ページトップへ