矯正歯科とは│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

矯正歯科とは│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

矯正治療について

矯正歯科とは

Arthodontic

矯正歯科とは

矯正歯科とは

矯正歯科とは

不自然で乱れた歯列と噛み合わせを、矯正装置を使って適切な状態に改善する歯科治療のことをいいます。
矯正歯科では、歯並びの見た目の美しさを追求するだけでなく、「噛み切る・噛み砕く」「発音を助ける」といった「歯としての役割」をしっかりと果たせる状態へと改善していきます。

歯並びが悪いとどうなる?
歯並びが悪いと、見た目が良くないだけでなく、舌や唇の動き、顎の動かし方にも影響を与えるため、滑舌や発音が悪くなる場合があります。また、歯並びの乱れを放置すると、お口や全身の健康にも悪影響を与えてしまいます。
たとえば、歯と歯が重なっているような歯並びは、歯と歯の隙間に歯ブラシが届きにくいため、磨き残しも多くなり、虫歯や歯周病、口臭のリスクが高まります。上下の歯が噛み合っていない場合では、食べ物を十分に噛むことができず、胃腸に負担をかけ続けてしまいます。これらのこと以外にも、不正な歯並びによる噛み合わせのズレは、全身にさまざまな影響を与えます。

噛み合わせと身体の関係

噛み合わせと身体の関係

歯は食べ物を噛み砕いたり、発音を助けたりするだけでなく、身体を支えるという役割も果たしています。
スイカ一個分ほどの重さがある人間の頭を支えているのは、背骨と腰、そして歯の噛み合わせなのです。とくに噛み合わせは全身の骨や筋肉と密接に関わっており、全身のバランスを保つために重要な役割を果たしています。そのため、噛み合わせに異常があれば、全身のバランスが崩れ、頭痛や肩こり、腰痛、膝の痛みなどのさまざまな身体の不調を引き起こしてしまうことがあります。
このように身体にとって重要な噛み合わせを改善することで、頭痛や肩こりなどの全身のバランスを崩れによる症状の改善も期待することができます。

不正咬合について

不正咬合について

歯列がデコボコで歯と歯が重なり合っている、または上下の歯が適切に噛み合っていないなどの不適切な歯並びのことを、「不正咬合」といいます。不正咬合には、さまざまなタイプがあります。以下に主な不正咬合についてご説明いたします。

上顎前突(出っ歯)
上の前歯が著しく前に突出しているか、上顎の歯列全体が前に出ている、または下顎の歯列全体が後退しすぎている状態のことをいいます。いわゆる「出っ歯」とよばれる歯並びです。
この歯並びでは、口を閉じにくいだけでなく、噛み合わせが悪いために下の前歯が上の前歯の裏側の歯肉を傷つけてしまうこともあります。
反対咬合(受け口)
下顎の前歯あるいは下顎の歯列全体が上顎の歯よりも大きく前に突出している歯並びのことをいいます。「受け口」ともよばれています。
下の歯が前に出てしまっているため、前歯で食べ物をしっかりと噛むことができません。
叢生[そうせい](八重歯・乱ぐい歯)
歯のサイズが大きすぎたり、歯が生えるためのスペースが足りなかったりすることが理由で、歯と歯が重なり合って生えている状態のことをいいます。歯が重なり合って歯列がデコボコになっている状態は「乱ぐい歯」、上顎の犬歯が歯列から飛び出している状態は「八重歯」ともよばれています。
歯が重なりあっている部分には歯ブラシで汚れを除去するのが難しいため、虫歯や歯周病にかかるリスクの高くなります。
開咬
上下の歯を噛み合わせた際に、とくに前歯が噛み合わず、隙間ができてしまう状態のことをいいます。前歯が噛み合わないため、食べ物を噛みきることができません。また、前歯から空気がもれるため、適切に発音ができないこともあります。開咬は、指しゃぶりや口呼吸などの癖が原因となっている場合もあります。