小児矯正│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

小児矯正│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

小児矯正

小児矯正

Orthodontic

小児矯正

小児矯正の重要性

小児矯正の重要性

小児期から矯正治療を始めることには、非常に大きな意味があります。もちろん矯正治療は成人してからも受けることができます。しかし顎骨の成長が完了した成人の矯正治療では、理想的な歯並びにするために高い技術と長い時間を必要とします。歯並びの状態によっては、外科手術が必要となるケースもあります。
一方、顎骨が発育途中の小児期の矯正治療では、顎骨の成長をコントロールしながら歯並びを整えられるため、よりスムーズに理想的な歯並びへと改善することができます。また、小児矯正では顎の発育を整えることで、咀嚼力を高め、滑舌や顔貌の悪化を防止することもできます。さらには、早期に歯並びを整えることで虫歯や歯周病にもかかりにくくなり、お子さまの将来のお口の健康を守ることにも繋がります。
歯並びや噛み合わせの状態は心身にも強く影響を与えるため、人格形成期である小児期から青年期にかけて矯正治療を受けることは、お子さまの今後の人生において大きな財産になり得ます。
一生にかかわる治療ですので、お子さまの口元に違和感があると思われるようでしたら、お早めにご検討されることをおすすめします。

治療時期について

治療時期について

小児矯正の適切な治療開始時期は、お子さまの歯並びのタイプや重症度によって異なります。
一般的には、永久歯に生え変わり始める小学校低学年ごろから矯正治療を開始します。これは、すべての歯が永久歯に生え変わる前であれば、抜歯することなく矯正器具によって歯が並ぶためのスペースを確保し、歯並びを整えられる可能性が高まるためです。
なお、受け口や顎の左右への偏りがある場合では、未就学児のころから治療を開始したほうがよいと判断することもあります。
また、永久歯を抜歯する必要性があるケースなど、永久歯が生えそろう10~12歳くらいから治療を開始する場合もあります。

小児矯正のメリット

「小児矯正の重要性」の項目でも少しお話させていただいたとおり、お子さまのうちから矯正治療を始めることには、いくつものメリットがあります。

理想的な歯並びになりやすい
成長が完了した成人の顎とは異なり、幼少期の顎の成長をコントロールしながら治療を進めていくことが可能であるため、よりスムーズに理想的な歯並びを実現することができます。
装置を付ける期間が短くなる
小児期に矯正治療によって歯並びを整えておくことにより、本格的に矯正治療が必要となった際に、最小限の治療ですむため、治療期間(装置を付ける期間)を短くすることができ、さらには全体的な治療費も抑えることができます。
虫歯や歯周病になりにくくなる
歯と歯が重なり合うような不正咬合は、細部まで歯ブラシが届きにくいため、磨き残しができやすくなります。矯正治療によって小児期から理想的な歯並び・噛み合わせに改善することで磨き残しが減り、虫歯や歯周病にかかりにくい歯になります。
見た目のコンプレックスを解消できる
出っ歯や受け口など、口元の見た目にコンプレックスを抱いてしまうようになると、お子さまは自信を失い、精神の発達にも悪影響が出てしまうことがあります。小児期から矯正治療を開始することで、早めにコンプレックスを解消し、精神の健全な成長をサポートすることができます。
抜歯のせずに治療ができる可能性が高い
小児矯正で幅の狭い顎を拡げたり、顎の成長を適切にコントロールしたりすることにより、歯並びを整えるために永久歯を抜歯する可能性を減らすことができます。たとえば成人してからも矯正治療が必要となった場合や、通常なら2~4本の永久歯の抜歯が必要な場合でも、小児期から矯正治療を行なうことで、抜歯をすることなく歯並びを整えられる可能性が高まります。
適切に発音できるようになる
歯並びが乱れていると、「歯の裏側に舌をくっつけることができない」または発音する際に「空気が歯の隙間から漏れてしまう」といったことが原因で明瞭に発音ができない場合もあります。小児期から歯列矯正を受けることで、適切な発音が可能になり、お子さまがしゃべることに苦手意識を抱かずにすみます。
偏った顎の成長を防止できる
顎が成長する小児期に、不正な噛み合わせを放置すると、顎の成長に悪影響を及ぼし、顎が変形してしまうことがあります。成長期になるべく早く噛み合わせを改善してあげることで、顎の適切な成長を促せるだけでなく、輪郭のゆがみなども軽減される可能性もあります。
お口の機能の発達を高める
小児矯正によって、指しゃぶりや口呼吸などのお口や顎の成長に悪影響を与えるさまざまな癖を早期に改善させることで、食べ物を噛み砕いて飲み込んだり、発音したりするお口の機能の発達を高めることが可能になります。