矯正治療の流れ│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

矯正治療の流れ│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

矯正治療の流れ

矯正治療の流れ

Flow

矯正治療の流れ

予約・受付

予約・受付

当医院は予約制となっておりますので、まずはお電話またはメールにてご予約のうえお越しください。

092-738-3160

ご来院いただきましたら、受付にて簡単にご説明させていただき、問診票をお渡しいたします。
お子さま連れの方は、受付や問診票をご記入いただく間はスタッフがお子さまのお相手をさせていただきますので、どうぞお申し付けください。

やじるし

問診票の記入

問診票の記入

問診票には、なかなか面と向かっては言いづらいお悩みやご質問などもご記入ください。
矯正治療は受験・ご結婚・出産など、人生の重要なタイミングに密接に関係している場合もあるかと思います。どんな些細なことでも結構ですので、気になることやご要望などがございましたら、そちらも問診票にご記入ください。

やじるし

カウンセリング(セカンドオピニオン)

カウンセリング

矯正治療の治療期間は決して短くありませんし、治療費も安くありません。治療を検討するにあたって患者さまがさまざまな不安を抱えるのは当然のことです。
当医院では、できるだけ安心して治療を始められるように、カウンセリングに力を入れております。カウンセリングでは、患者さまの声にじっくりと耳を傾けたうえで、模型やパンフレットを使ってわかりやすくご説明し、患者さまの不安な点や疑問をしっかりとお聞きし、ていねいにお答えいたします。
また、当医院ではセカンドオピニオンにも対応しておりますので、「いつも通っている歯医者さん以外の意見も聞いてみたい」という方はお気軽にご相談ください。

やじるし

一般検査

一般検査 一般検査

おおよその診断をするために、簡単な検査をさせていただきます。
こちらの検査だけでは精密なお口の状態や詳細な治療内容までは判断できませんが、歯の大きさ・色、そして矯正治療以外に適した治療方法がないかを検査によって確認します

やじるし

精密検査無料

精密検査 精密検査

具体的にはレントゲン・数値診断・模型作製などを行ないます。 精密検査をすることで、顎や歯の根の状態を把握し、どんな治療が適しているかを判断することができます。
当医院の精密検査は無料です。検査した結果、治療ができないといった場合でも無料です。 それは、本当はなるべく早く治療した方がよいのに、「検査代で躊躇して治療できないというのはもったいない」と考えるからです。また、検査しても矯正治療が適していない場合や治療内容が希望に添わない場合もありますので、それに対してお金をいただくのも申し訳ないと考えています。
※症例によっては、診断料(5,000円)をいただく場合もございますが、後に当医院で治療を受ける場合は、治療費用から相殺いたします。

CT撮影も無料で行ないますCT無料
精密検査

症例によってはCT撮影を行ないます。CT検査では、歯根や歯を支える歯槽骨の状態、上下の顎骨の様子を的確に把握することができ、患者さまにとってベストな治療を診断することが可能です。
なお、通常はCT撮影のみのご提供は15,000円(税抜)ですが、矯正治療の診断前のCT撮影は、無料でご提供させていただいております。

やじるし

診断・治療計画

診断・治療計画

精密検査の結果を元に現状についてわかりやすくご説明したあと、可能な治療方法について丁寧にご説明いたします。患者さまによっては矯正治療以外の方法もご提示いたします。治療方法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。その両方を十分にご理解していただいたうえで、患者さまのご要望に合った治療方法を選択していただきます。
また、抜歯の必要性などをしっかりとご説明させていただき、患者さまが抜歯を望まない場合は抜歯を回避した治療をご提案いたします。
じっくりとご検討いただき、当医院での治療を希望される場合は、患者さまのライフスタイルに合わせた治療計画を立てていきます。

やじるし

治療開始

治療開始

矯正装置を装着し、動的治療がスタートします。治療中は4~8週間に1度の頻度で通院いただき、装置を調整して少しずつ歯を動かしていきます。装置を装着した直後はムズムズとした痛みがありますが、ほとんどの方が1週間ほどで慣れてきます。なお、場合によっては矯正治療以外の選択もあります。

やじるし

保定・経過観察

保定・経過観察

目標とする位置まで歯が移動して歯並びが整い、患者さまに治療結果にご納得いただいたら、動的治療は終了です。
その後、歯が元の位置に戻らないように保定装置を装着して、歯並びを安定させます。保定装置は装着していてもほとんど目立たない装置です(取り外し式と固定式があります。)

なお、保定には動的治療にかかったのと同程度の時間をかけ、しっかりと歯並びを固定させます。