CT検査について│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

CT検査について│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

CT検査について

無料CT検査について

CT Scan

無料CT検査について

CTスキャンによる検査の重要性

CTとは、コンピュータ処理によって断層画像を得ることのできるX線撮影装置のことをいいます。断層画像のデータをもとに3D画像を作成することで、歯や顎骨の状態を立体的かつ精密に把握することができる装置です。
CTは通常のレントゲン撮影では見えなかった顎の内部構造や埋伏歯などの細かな状態まで精確に確認することができるため、リスクを回避した治療計画の立案や術後の予測において非常に重要な役割を果たします。

CTスキャンによる検査の重要性

院内に歯科用CT完備

当医院では院内に歯科用CTを完備しております。歯科用CTは医科用CTと比較するとX線照射量が少なく、歯や顎骨の撮影に特化しています。
歯科用CTでは非常に精密な画像を得ることができるため、顎骨の骨量や質、歯一本一本の歯根の状態までを詳細に把握することが可能です。
当医院では、歯科治療において必要不可欠であるCT撮影を無料で行なっております。

院内に歯科用CT完備
CTスキャンが矯正治療に必要か?

CTスキャンが矯正治療に本当に必要なのか、レントゲン撮影だけではダメなのか?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
レントゲンとCTの最も大きな違いは、レントゲン撮影で得られるのが二次元的な平面画像で、CTスキャンで得られるのが三次元的な立体画像だということです。CTスキャンで得た立体画像からは、顎の厚みや歯の生えている角度、歯根の長さなどを精確に把握することができるため、より安全で的確な治療をご提供することが可能になります。
たとえば、歯を支える顎骨が薄いと、骨吸収の危険性があるため、歯が適切な場所に動いても骨が足りないために矯正装置がはずせないという状態や、保定装置を永久につけてなければならないという状態になる可能性が考えられます。
事前に顎骨の状態が分かっていれば、そのようなことにならないように、矯正力の大きさをコントロールしたり、時間をかけたり、もしくは、いったん歯牙を骨内で移動させることによって(十分な骨幅のところまで歯を押し込む)歯根周囲骨を確保し、そのうえで歯を移動させる計画を立てることができます。

CTスキャンが矯正治療に必要か?

また、CTスキャンではレントゲン撮影のように角度によって歯根の長さがあいまいになることはなく、適切な長さを測ることが可能です。
治療途中、経過観察時もレントゲン撮影では二次元の情報しか得ることができませんが、

レントゲン・2次元

CTスキャンでは、歯根吸収や歯槽骨吸収を立体的かつ精密に観察することができ、それらを予防しながら治療を進めることが可能となります。

【矯正治療でCT検査を行なうメリット】

  • 歯槽骨(歯を支える骨)の薄さを把握することができる
  • 1本1本の歯の角度を把握できる
  • 治療前に歯根吸収の状態を把握できる
  • 経過観察時にもCT撮影により骨吸収の状態を把握できる
  • 見えない病巣などの発見により、治療中のリスク軽減できる
CTスキャンで嚢胞発見

CT検査を行なうことで、患者さまが気付いていない病変や、レントゲン撮影では発見できないような歯や顎骨の異変を発見できることがあります。
実際に当医院では、年に1~2例はCT検査によって顎骨の異常などが発見されます。下記の画像は、CT撮影によって顎骨に嚢胞ができていることが発見された例です。嚢胞とは体の中に作られた袋状の病変のことで、放置すると徐々に大きくなって顎骨を溶かし、歯の動揺、歯根吸収、歯列不正などを引き起こす可能性があります。
もしもCT撮影せずに矯正治療をしていたら…最悪の場合には歯が抜け落ちてしまっていたかもしれません。 このような危険を回避するためにも、骨に問題がないと思われる方もCT検査は必ず行なうべきだと考えております。

CTスキャンで嚢胞発見 CTスキャンで嚢胞発見