インビザライン│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

インビザライン│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

インビザライン

インビザライン

Invisalign

インビザライン

インビザラインとは

インビザラインとは

インビザラインは、これまで世界80カ国以上の国々で340万人以上の患者さまの矯正治療に使用されている、透明なマウスピース型の矯正装置による治療のことをいいます。 アメリカのアラインテクノロジー社により開発された、このマウスピース型の画期的な矯正装置は、従来の矯正装置とは異なり、金属製のブラケットとワイヤーといった装置を使用しません。装置は薄く透明なプラスチック製なので、歯に装着していてもほとんど目立ちません。
しかも矯正装置を患者さまのご自身の手で取り外すことができるので、食事や歯磨きも治療前と同じようにストレスなく行なうことができます。

矯正装置に抵抗があり、治療に踏み切れない方へ

矯正装置に抵抗があり、治療に踏み切れない方へ

金属製の目立つブラケットとワイヤーによる矯正装置をつけるのは抵抗がある、職業などさまざまな理由で目立つ矯正装置がつけられないなど、矯正装置の審美性についてのご要望は以前から数多くありました。
インビザラインは、これらのことを解決した画期的な矯正治療です。インビザラインは、従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正装置とは異なり、装置を装着していても見た目にはほとんどわかりません。
従来の目立つ矯正装置がネックとなって、これまで矯正治療に踏みきれなかった患者さまも、ぜひ一度インビザラインによる矯正治療をご検討ください。

インビザラインの矯正治療

インビザラインの矯正治療

インビザラインは、コンピュータを用いて歯の移動を三次元的にシミュレーションし、そのデータをもとにマウスピース型の装置を作製します。
矯正装置は、治療終了まで約2週間ごとに新しい形の装置につけ替えることで、少しずつ歯を動かしていきます。2週間ごとにつけ替えるので装置は清潔に保ちやすいだけでなく、歯磨きの際には取り外しができるので、治療前と同じようにしっかりと歯のケアをすることができます。
また、治療期間中は約6週間に1回の頻度でご来院いただき、使用状況のチェックと次回までの6週間分の新しい矯正装置をお渡しいたします。
矯正装置の装着時間は、食事と歯磨き以外の1日20時間を目安としています。なお、治療完了までに使用するマウスピースの数は、症例により異なります。
万が一、インビザラインだけでご納得いただける状態まで改善できなかった場合には、最終調整を従来のワイヤーとブラケットの装置で行なう場合もあります。それでもワイヤーの装着期間は圧倒的に短くなります。詳しくはご相談ください。

適応症例

非常に大切なこととして、インビザラインの適応症例についてご説明いたします。残念ながら、インビザラインはすべてのケースに適応できるわけではなく、患者さまのお口の状態などによってはご選択いただけない場合もございます。
まずご来院いただき、歯並びの状態をチェックさせていただいたうえで、インビザラインにて矯正治療が可能かどうかを診断をさせていただきます。

不適応症例
インビザラインの不適応症例
  • 歯のがたつきが非常に強い方
  • 進行性の歯周病の方
  • 遺伝性血管浮腫(HAE)の方
  • プラスチックなどのアレルギーがある方
  • 骨格的に大きなずれが認められる方
  • 使用方法をお守りいただけない方

インビザラインかクリアアライナーかの選択について

インビザラインかクリアアライナーかの選択

当院では、インビザラインのほかに、クリアアライナーというマウスピース矯正も導入しております。
どちらのマウスピース矯正も、歯の移動方法のメカニズムは同じです。
マウスピース型矯正装置の作製方法では、インビザラインが初診時に作製した模型を元に治療完了までのすべての装置を作製するのに対して、クリアアライナーは通院のたびに、その時点での歯型を取り、現在の歯型にフィットした装置を作製します。
歯型を取るのが苦手な方はインビザラインでの治療がおすすめですが、どちらで治療するかは、上記の点を考慮し、ご希望を伺いながら患者さまと一緒に決めていきます。

このような方におすすめしたい

人前に出る機会の多い方
人前に出る機会の多い方

営業職や接客業、モデルやアナウンサーのような人前に出る機会が多い方でも、インビザラインなら装置が目立たないので、見た目もよく、人に気付かれずに歯並びを整えることができます。

目立つ矯正装置に抵抗があり、矯正治療を受けられなかった方
目立つ矯正装置に抵抗があり、矯正治療を受けられなかった方

歯の表側に装着する一般的な矯正装置のギラギラとした見た目に抵抗があり、なかなか矯正治療に踏みきれなかったという方にも、装置が目立たないインビザラインなら治療中も装置の見た目がストレスになることはありません。

治療前と同じように、ストレスなく食事を楽しみたい方
治療前と同じように、ストレスなく食事を楽しみたい方

一般的な矯正装置の場合、食事中に食べ物が装置に絡みついたり、挟まったりする心配がありました。しかしインビザラインは食事の際には取り外すことができるので、治療前と同じように食べたいものを思いきり食べて、食事を楽しむことができます。

金属アレルギーのある方
金属アレルギーのある方

インビザラインの矯正装置はプラスチック製で金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けることができます。

できるだけ治療中の痛みを抑えたい方
できるだけ治療中の痛みを抑えたい方

インビザラインの矯正装置は、歯の移動量を精密に設定し、最小限の力で歯を移動させるようにしているため、一般的な矯正装置による治療よりも痛みを感じにくいとされています。また、金属製の矯正装置のように、お口の中や粘膜、舌が傷付く心配はなく、口内炎になるリスクもほとんどありません。

抜歯によるインビザライン治療

抜歯する場合は、一般的には、小臼歯とよばれる前から4番目の歯を左右両方抜歯します。合計1.5cmほどの大きなスペースを確保できるので、歯がきれいに並ぶだけでなく前歯も引っ込めることができます。
以前は、抜歯によるインビザライン治療は不向きとされ、症状によっては裏側矯正などの方が望ましいと診断される場合もありました。しかし素材の改良などにより、抜歯によってできた隙間を埋めるように歯を動かせるようになり、インビザラインでの治療が難しいとされていた、前後に大きく動かすこともできるようになってきました。

非抜歯によるインビザライン治療

歯並びが悪くなる原因の多くは、「歯の生えるスペースが不足している」ことにあります。矯正治療を行なっていくうえで、歯がきちんと並ぶようにスペースを確保することはとても大切です。
以下の方法であれば、インビザラインを使って非抜歯でスペースを確保することができます。

拡大
歯列弓を外に向けて広げます。通常はワイヤー矯正で広げることが多いですが、インビザラインでも拡大できます。
後方移動
奥行きを得るために歯並びを後ろに引っ張る処置で、インビザラインはこの後方移動を得意としています。インビザラインを使うときは、顎間ゴムも使用します。
※親知らずがある場合は、抜歯が必要になることがあります。
IPR(歯を小さくする処置)
0.5mmにも満たないほど少量の歯を削りますが、歯質が劣化するようなことはありません。
インビザラインを使うときは、最初にこの切削量を綿密に決めます。