裏側矯正│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

裏側矯正│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

裏側矯正(リンガルブラケット)

裏側矯正
(リンガルブラケット)

Orthodontic

裏側矯正(リンガルブラケット)

裏側矯正とは

裏側矯正とは

一般的に矯正治療というと口を開けたときに見えるギラギラとした金属製の矯正装置を想像する方が多いと思います。裏側矯正とは、その金属製の矯正装置と基本的には同じ構造の矯正装置を、歯の裏側に装着する矯正治療のことをいいます。矯正装置を歯の裏側に装着することで歯の表側に装着したときのように装置が目立つことがなく、周囲の人に気付かれずに矯正治療を行なうことができます。
一般的な矯正装置のギラギラとした見た目に抵抗があって矯正治療をためらっていた方や、お仕事の関係で目立つ装置がつけられない方などに人気の治療方法です。

メリット・デメリット

メリット

【メリット】

  • 矯正装置が目立たない

歯の裏側に矯正装置を装着することで、少し口を開けたぐらいでは装置が外側から見えることがないため、矯正治療をしていることに気付かれずに治療をすることができます。

  • 幅広い症例に対応できる

同じ目立たない矯正治療であるマウスピース矯正よりも、裏側矯正のほうが幅広い症例に対応できます。

  • 治療中に虫歯になりにくい

歯の裏側は、表側よりも歯の表面のエナメル質が3倍も厚いとされています。また、歯の裏側は唾液腺が多く、汚れが唾液によって洗浄されやすいので、歯の表側に装置を装着した場合よりも虫歯になりづらいといえます。

  • 前歯を引っ込めやすい

裏側矯正の矯正装置は、固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をしっかりと後ろに引っ張って移動させることができます。また、裏側矯正の場合、舌が装置に当たるため、舌が前歯を押し出すことが少なくなり、スムーズに前歯が後退します。

  • 従来の装置に比べれ若干小さい

最近は矯正装置の改良が進み、シンプルで小さい装置が開発されているため、歯磨きがしにくい・食べ物が絡みやすいといった心配も減って、治療中も快適に過ごすことができます。

デメリット

【デメリット】

  • 装置が舌に触れる違和感がある

歯の裏側に装着した装置に舌が触れることに違和感を覚える場合もあります。また、装置が舌に触れることで、舌に跡がつくことがあります。しかし、ほとんどの方は装置を装着してから1~2週間ほどで違和感が薄れ、舌にも跡がつかなくなってくるようです。

  • 途中で表側の装置が必要になる場合がある

裏側矯正では歯を理想的な位置まで動かすことができないケースでは、治療途中で表側の矯正が必要となる場合もあります。

  • 表側矯正よりも費用が高い

歯の裏側はデコボコかつ患者さまによって形が大きく異なるため、既成の矯正装置を使用することはできません。そのため、裏側矯正では患者さま一人ひとりの歯の形に合わせてオーダーメイドで矯正装置を作製する必要があり、時間とコストがかかります。また、歯科医師に高い技術力が求められる治療であるため、必然的に表側矯正よりも治療費が高くなります。

  • 発音がしにくい場合がある

裏側に装着してある装置が舌に触れることで、一時的に発音がしにくくなる場合があります。ほとんどの方が装置を装着してから数週間で舌が慣れ、普段どおりの発音で会話ができるようになります。

  • 治療期間が長引く場合がある

歯並びのデコボコが著しいケースなどは、表側矯正よりも治療期間が長引く場合もあります。

このような方におすすめしたい

矯正していることを他人に気付かれたくない方

【矯正していることを他人に気付かれたくない方】

接客業や営業職、モデルやアナウンサーの方など人前に出る機会が多い方や、見た目の印象が重要なお仕事をされている方でも、裏側矯正なら装置の見た目を気にすることなく矯正治療を受けることができます。

目立つ矯正装置に抵抗があり、矯正治療をためらっていた方

【目立つ矯正装置に抵抗があり、矯正治療をためらっていた方】

歯並びは治したいけれど、ギラギラとして目立つ金属製の矯正装置をつけることに抵抗があり、矯正治療をためらっていた方にも裏側矯正はおすすめです。装置が外側から見えることはほとんどないので、治療中も見た目に対するストレスがありません。

出っ歯が気になる方

【出っ歯が気になる方】

出っ歯の方が歯の表面に装置をつけると、装置の厚みがプラスされて唇がさらに突出することになり、出っ歯を強調してしまいますが、裏側矯正ではその心配がありません。また、裏側矯正は前歯を引っ込めやすい特性を持っているので、出っ歯が気になる方にはとくにおすすめです。