CTスキャンについて|医療法人ティース 福岡天神ティース矯正歯科センター

  • 福岡天神ティース矯正歯科センター ホーム
  • 矯正治療について
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 医院紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 予約・相談
矯正治療について

CT検査について

CTスキャン検査

院内に歯科用CT完備

当院では院内にCTを完備しております。

・骨量や歯根の状態を1本ずつ把握可能より安全な治療のためにCTスキャンは必要不可欠です

CTスキャンが矯正治療に必要か?

【2次元のレントゲンと比べたCT撮影の優位点】
・歯槽骨の薄さを把握可能
・1本1本の歯の角度把握可能
・歯根吸収の状態把握可能
・経過観察時のCT撮影により骨吸収を把握
・見えない病巣などの発見によりリスク軽減

CTスキャン
また、歯槽骨の状態を検査し、歯牙の移動が可能かどうか検討します。
たとえば、歯槽骨が薄ければ、骨吸収の危険性があり、歯牙がきちんとした場所に動いても、骨が無くなっているので矯正装置が外せない状態や、保定装置を永久につけてなければならない状態が考えられます。
そうならないように、矯正力の大きさをコントロールしたり、時間をかけたり、もしくは、いったん歯牙を骨内で移動させることによって(十分な骨幅のところまで歯牙を押しこむ)
歯根周囲骨を確保し、その上で歯牙移動をさせる計画を立てることが可能です。

レントゲン・2次元
CTではレントゲンのように角度によって、歯根の長さがあいまいではなく、CTでは正確な長さを測ることが可能となります。
治療途中、経過観察時、レントゲンでは2次元の情報しか得ることができませんが、 CTで歯根吸収や歯槽骨吸収を観察することによって、それを予防しながら治療を進めることが可能となります。
【経過観察時のCT撮影】
・骨吸収、歯根吸収を予防しながら治療していく

CTスキャンで嚢胞発見

・患者様が気づいていない病変が潜んでいる場合も
・2次元のレントゲンでは把握できない事を把握できる

実際に年に1,2例はCTによって、アゴの骨の異常などが発見されます。
2次元のレントゲンでは発見できない場合が多々あります。もし、CT撮影せずに治療をしていたら・・・。
こうした危険を回避するためにも、骨があると思っていらっしゃる方もCT撮影が必要なのです。
レントゲン・2次元
レントゲン・2次元

CTスキャンは絶対に必要な検査の一つだと考えております
ページトップへ