ビタミン注射|医療法人ティース 福岡天神ティース矯正歯科センター

  • 福岡天神ティース矯正歯科センター ホーム
  • 矯正治療について
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 医院紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 予約・相談
ビタミン注射

ビタミン注射

ビタミン注射とは

ビタミン注射とは

ビタミン注射は、抗酸化作用(体のさびつきを抑える作用)をはじめとするさまざまな効果が得られる治療のひとつです。
サプリメントなどでビタミンCを積極的に摂取している方も多いかと思われますが、ビタミンCとは一体どのようなものなのでしょうか。

ビタミンCには、抗酸化作用(体のさびつきを防ぐ作用)や肌の老化を抑制する作用があります。そのため、摂取することによりアンチエイジングや美白効果が期待できます。しかし、残念なことにビタミンCは体内では生成されません。野菜や果物など日ごろの食事で摂取することになりますが、それだけでは摂取できる量が限られてしまいます。サプリメントなどを意識的に摂取しても同様です。

しかしビタミン注射であれば、ビタミンCを直接血液に入れることで、食事で摂取するより高濃度な状態のビタミンCを摂取することになり、血液中のビタミンC濃度を上げることができます。そのため、体内の血中濃度が高まり、活性酸素(体をさびつかせて老化させる物質)を抑制する抗酸化作用が得られ、アンチエイジングや美白効果を促すことができるのです。

当院では、細い針での皮下注射を行なうことで、痛みもほとんどなく、注射が苦手な方でも安心して治療を受けることができます。

ビタミンCの効果

ビタミンCは、具体的に以下のような効果を発揮します。

・活性酸素を抑制し、疲労や倦怠感を回復させる
・活性酸素を抑制し、しみやしわなどから肌を守る
・メラニン生成を抑制し、シミや色素沈着を薄くする
・コラーゲンの生成を促進し、肌のハリや弾力を保つ
・保湿し、乾燥しにくい肌を作る
・免疫力を高め、風邪などの感染症を予防する

なお、歯肉の60~70%はコラーゲンで構成されています。また、歯槽骨(歯を支える骨)もカルシウムとコラーゲンで構成されているため、コラーゲンの生成を促進するビタミンCは欠かせません。つまり、ビタミンCを摂取することで、歯周病の改善につながるといえるのです。

ページトップへ