医院紹介│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

医院紹介│天神の矯正歯科なら福岡天神ティース矯正歯科センター

医院紹介

医院紹介

clinic

医院紹介

エントランス

警固神社の向かい、ファミリーマートがあるビルの6階に当医院がございますので、ビル左手にあるエレベーターをご利用のうえ、ご来院ください。明るく開放的なエントランスで、笑顔のスタッフがお待ちしています。
ここからあなたの健康と美が始まります。

エントランス

受付

エントランスに入られましたら、まずは受付カウンターにお越しください。こちらで簡単にご説明させていただき、書類のご記入を行なっていただきます。カウンターのそばには、テーブルと椅子もご用意しておりますのでご活用ください。次回のご予約も、こちらのカウンターで承ります。
お子さま連れの方は、スタッフが見ておりますので、ご遠慮なくお申し付けください。 そのほか、どのようなことでもお気軽にお申し付けください。

受付

待合室

患者さまにリラックスしていただくため、当医院の待合室は、奥行きのあるスペースに高い天井、穏やかな照明などを取り入れたレイアウトとなっております。お座りいただくチェアは、やさしいナチュラルテイストのものをご用意いたしました。
ファッション誌を始めとする各種雑誌類や、矯正治療に関するパンフレットなどもございますので、お気軽にご覧ください。当医院はアットホームな雰囲気の医院ですので、ご自宅のリビングのようにおくつろぎください。
スタッフ一同、皆さまに心地良くお過ごしいただける環境づくりに努めております。お気づきの点がございましたら、お気軽にスタッフにお声をおかけください。

待合室

治療室

診療室に入ると、つい緊張してしまうものです。当医院では、患者さまにできる限りリラックスして治療を受けていただけるよう、室内のレイアウトにもこだわっております。美しい緑が広がる窓からやさしい太陽の光が差し込む、明るく清潔感のある診療室です。
また、診療室は基本的に個室になっていますので、プライバシーが守られ、治療中の姿を他人に見られることがありません。
柔らかな音楽が流れる空間で、快適な治療をお受けください。

治療室

治療設備

CT

CT

院内には、歯科用CTを完備しております。「矯正治療にCTスキャン?」と大げさに思われるかもしれませんが、CTスキャンなら2次元のレントゲンでは把握できない個別の歯の状態・骨の状態を把握することが可能です。より安全な治療のためにも、CTスキャンは不可欠なのです。
患者さまが気づいていない病変が潜んでいる場合、これらをCTスキャンにより発見することで、リスクを軽減・回避することができます。
当医院では、CTスキャンは、絶対に必要な検査の一つだと考えております。

レーザー装置

レーザー装置

矯正治療にレーザー装置を取り入れることで、さまざまな治療が可能です。歯肉の切除や歯肉のメラニン除去、炎症や知覚過敏の軽減などに利用できます。
レーザーというと「いつも以上に痛みを感じるのでは?」と思われる患者さまもいらっしゃるかもしれませんが、レーザー装置による治療はレーザー光をほんの一瞬照射するだけなので、むしろ痛みや身体の負担を軽減することができます。また、治療時間も短くなり、治りも早くなると言われています。
利用については医師が判断し、ご相談の上施術させていただきます。

デジタルレントゲン

デジタルレントゲン

当医院では、デジタルレントゲン機器による通常のレントゲン診断のほか、断層レントゲン(任意の断面層のみを撮影)やセファロレントゲン(横顔と正面から撮影)を利用し、それらを精査したうえで、それぞれの患者さまに適切な治療計画を立案いたします。
「レントゲンは、被ばく量が心配で…」という患者さまもいらっしゃるのかと思われますが、デジタルレントゲンは従来のアナログ式レントゲンに比べ、放射線量が約1/10と少ないので、お子さまや妊娠されている方にも、より安全にレントゲン撮影を行なうことができます。

生体管理モニター

生体管理モニター

生体管理モニターにより、患者さまの血圧や脈拍をモニタリングしながらの治療が可能です。
治療中は、患者さまにはできるだけリラックスしていただけるよう心がけておりますが、それでもストレスにより、治療途中で血圧や脈拍が大きく変動することがあります。そのような数値の変動があれば、生体管理モニターがスタッフに知らせてくれるので、すみやかに対応することができます。
これにより、ご高齢の方も安心して治療を受けていただくことができます。

滅菌器

滅菌器

当医院では滅菌器を導入しており、診療器具の滅菌処理をしております。滅菌処理は患者さまごとに実施し、器具の使い回しはしておりません。
患者さまに安心して治療を受けていただけるように、今後もウイルスや細菌の院内感染の防止に強く取り組んでまいります。